館蔵品検索
 
企画展示  手回し機械  選別の道具
唐箕--3
 
(資料番号:)
種別:実物  民具
時代:
地域:市内(旧新津市)

唐箕は風の力で、穀物(こくもつ)を分別する道具です。米の場合、モミとワラクズ、よく実ったモミと実の入っていない悪いモミとを分けることができます。
本資料は市域(旧新津市)で使用されていたものです。
大型で、固定式の漏斗など、市域の唐箕に広く見られる特徴を備えています。

くらし展で展示中の唐箕--3        
唐箕--3
  • 墨書
  • 漏斗(ろうと)の形状
  • 漏斗は本体に固定されています。

  • 足の本数
  • 6本です。足元を覆う形で板材が取り付けられています。

  • 下量調節装置の形状
  • 側面から水平に差し込む形です。

  • 選別口の配置
  • 正面と背面に振り分けて配置されています。

  • 取手支持棒
  • 縦棒に取り付けられています。

  • 取手の形状
  • ハンドル式

  • 所蔵
  • 新潟市歴史博物館所蔵