館蔵品検索
 
企画展示  手回し機械  脱穀の道具
手回し脱穀機(栗原式)
 
(資料番号:)
種別:実物  民具
時代:大正末〜昭和中頃
地域:市内(旧豊栄市)

使い方は、把手を回して歯を植えた胴を回転させます。取っ手と胴の間に歯車が組みこまれていて、勢いよく回せるようになっています。回転するドラムの歯に稲穂を当て、モミをはじき飛ばします。
本資料は新潟市内で作られ、使われていたものです。製作者は栗原氏(旧豊栄市)で、栗原式と印されています。昭和15年頃(種モミを取る用途に昭和40年)まで使用されていました。 (※資料情報は新潟市豊栄博物館のご教示及び資料カードによる)

くらし展で展示中の手回し脱穀機(栗原式)        
手回し脱穀機(栗原式)
  • 墨書
  • 「栗原式」

  • 形状の特徴--扱き歯(こきば)
  • 針金状の歯で、扱き胴(こきどう)本体は木製です。

  • 形状の特徴--歯車
  • 垂直方向に配列されており、全長がコンパクトなサイズになっています

  • 形状の特徴--弾み車
  • 把手の反対側の回転軸に外付けされている

  • 附属品
  • 所蔵
  • 新潟市豊栄博物館(資料番号569)