館蔵品検索
 
水がむすぶ  湊町新潟
  新潟白山神社大船絵馬
 
(資料番号:2004-U1-00207)
種別:複製
時代:江戸時代
地域:本庁地区
新潟白山神社にある大船絵馬を、製作された約150年前の姿に復元して複製したものです。
絵馬には、新潟港で年貢米を船に積み込む様子が細かく描かれています。当時の新潟を知る上で重要な資料です。
描かれた当時の色合いに復元して複製された大船絵馬
  • 大船絵馬の概要
  • 現在白山神社に奉納されている大船絵馬は、縦約1m90cm、横3m60cmの、とても大きな絵馬です。
     この絵馬は、1852(嘉永5)年に、水原(新潟町の西南20qにある町)の豪商、市島次郎吉正光が年貢米輸送の安全と家の繁栄を祈念して奉納しました。

  • 描かれている内容
  • 画面下部には、越後各地から新潟湊に運ばれてくる年貢米を大型のベザイ船に積み込む風景が描かれています。朱の丸と「御用」と書かれた旗が、多くの船に描かれていることは、幕領の年貢米の輸送であることを示しています。
    画面上部には、廻米の行く先である江戸と大坂で、米俵を下ろしている様子が描かれています。