館蔵品検索
 
常設展示  水がつくる 
信濃川・阿賀野川の流域模型
 
(資料番号:2004-U1-00101)
種別:模型
時代:
地域:
信濃川と阿賀野川は、広大な流域から水を集め、一気に日本海へ流れ出ます。
最後の氷河期が終わると、川は水量を増し大量の土砂を運びました。
土砂は波と海からの強い季節風によって押し戻され、長大な砂丘となりました。この砂丘が新潟に暮らす人々の舞台となりました。
青く光る信濃川・阿賀野川の流域        
地形模型
  • 信濃川の源流
  • 信濃川の源流は、埼玉・山梨・長野県に接する甲武信ヶ岳です。

  • 阿賀野川の源流
  • 阿賀野川の源流は、栃木・福島県境の荒海山です。

  • 信濃川・阿賀野川の流域
  • ふたつの川は、合わせて約2万kuの広大な流域から水を集めて河口の新潟から日本海へ流れ出ます。

  • この模型の特徴
  • 信濃川・阿賀野川の流域範囲を6万3000分の1(高低差の比率は実際の2倍)のスケールであらわしています。周期的に照明を変化させ、暗転するとふたつの川の支流が青く輝く演出になっています。