情報潟録は、
新潟市歴史博物館の
さまざまな活動記録を公開するサービスです。

情報潟録タイトルイメージ

 

>>情報潟録TOP  | >>常設展示情報  | >>企画展示情報  | >>体験の広場情報  | >>調査研究情報

◆常設展示に関する情報

新潟市域の歴史を紹介している常設展示に関する情報です。>>一覧へ!

■ 展示構成 ■

>>水がつくる

>>水がむすぶ

  • 砂丘に刻まれた営み
  • 渟足柵と的場の漁労
  • 三ヶ津の時代
  • 湊町新潟
  • 新潟の上知と開港
  • 都市の広がりと災害・公害

>>水にいどむ

  • 田をひらく、村をおこす
  • 低湿地に暮らす技術
  • 蒲原平野の村々
  • 広がる美田

>>水とともにいきる

■ 常設展示の基本的なストーリー ■

 常設展示は、新潟の地に暮らしてきた人々の営みを、今、新潟に生きている人々や、全国から新潟を訪れる人々に、分かりやすく伝えることを目的にしている。
 常設展示では、「水」と新潟の人々の営みとのかかわりを展示している。
 「水」は、砂丘と低湿地という新潟の地を形成した。
 「水」を行く船は、遠くへ、早く、大量の物を運び、人や情報の交流をもたらし、海と大河の出会う新潟の地は水上交通の要の地として繁栄してきた。 地形模型イメージ
 「水」は生産の基礎となり、人々は農業や漁業によって暮らしてきた。
 しかし、「水」は生産に災いをもたらし、暮らしを脅かすこともあった。
 人々は「水」の災いに立ち向かい、恵みに感謝しながら生きてきたのである。
 新潟は、これからも「水」と深くかかわって歴史を紡いでいく。

>>情報潟録TOP  | >>常設展示情報  | >>企画展示情報  | >>体験の広場情報  | >>調査研究情報

◆企画展示に関する情報

博物館で開催されたさまざまなテーマの企画展示に関する情報です。

■平成27(2015)年度の企画展■

◆企画展
「田んぼで魚とり〜低湿地の漁と漁具〜」展
期間:2015(平成27)年 4月11日(土)〜5月31日(日)

>>情報潟録TOP  | >>常設展示情報  | >>企画展示情報  | >>体験の広場情報  | >>調査研究情報

◆調査研究に関する情報

博物館のさまざまな研究活動について紹介します。

■ 主な研究分野 ■

◆ 渟足柵に関する研究

◆ 蒲原平野の生活文化に関する研究

◆ 新潟町に関する研究

◆ 新潟の文人に関する研究

>>情報潟録TOP  | >>常設展示情報  | >>企画展示情報  | >>体験の広場情報  | >>調査研究情報


>> ページ先頭へ戻る|>>Topページへ戻る

◆体験の広場に関する情報

体験の広場のプログラムに関する情報です。

■ ふれてみよう! ■

◆ 台所タイムスリップ!

◆ むかしBOX  結び・包みギャラリー

◆ むかしBOX
      わらでつくったくらしのどうぐ

◆ むかしBOX  樹木に親しむ

◆ むかしBOX  縄文BOX

■ 参加してみよう! ■

◇過去のたいけんプログラム

 >> 2004年  >> 2005年  >> 2006年  >> 2007年  >> 2008年  >> 2009年  >> 2010年  >> 2011年  >> 2012年  >> 2013年  >> 2014年

■ たいけんプログラム ■

◆みなとぴあではたくさんのたいけんプログラムを実施中です!

topicsで随時更新中です。

■ 調べてみよう! ■

◆ 子ども用学習ソフト
      にいがたの昔がいっぺ!

>>情報潟録TOP  | >>常設展示情報  | >>企画展示情報  | >>体験の広場情報  | >>調査研究情報

情報潟録についての質問・御意見は下記の連絡先へ!

郵便番号:951-8013 新潟県新潟市中央区柳島町2-10 
EMAIL: hatena@nchm.jp
電話025−225−6111  FAX 025−225−6130