テキスト版Englishsitemapバンクシーダ
 HOME利用案内行事|展示紹介|施設紹介周辺案内ボランティアTOPIC
 情報潟録新潟写真帖にいがたの昔がいっぺ!QTS on WEB収蔵資料参考情報
 
常  設  展  示  資  料
常   設   展   示   室
  複製 模型 ジオラマ 実物資料
水がつくる
信濃川・阿賀野川の流域
砂丘の形成

水がむすぶ

秋の的場遺跡
「永禄六年北国下り遣足帳」
戦国期新潟をめぐる攻防
新潟町の町建てを命ずる「覚」
江戸時代新潟の宴会料理
ベザイ船
新潟の祭りの風景「蜑の手振り」
新潟白山神社大船絵馬
川村修就肖像
大筒模型
外国船を描いた引き札
英和字書
小唄勝太郎レコード
月山丸ポスター
初代万代橋
新潟地震

 常   設   展   示   展   示   紹   介   
 

テーマ 郷 土 の 水 と 人 々 の あ ゆ み

 常設展示は、新潟の地に暮らしてきた人々の営みを、今、新潟に生きている人々や、全国から新潟を訪れる人々に、分かりやすく伝えることを目的にしています。
 常設展示では、「水」と新潟の人々の営みとのかかわりを展示しています。「水」は、砂丘と低湿地という新潟の地を形成しました。「水」を行く船は、遠くへ、早く、大量の物を運び、人や情報の交流をもたらし、海と大河の出会う新潟の地は水上交通の要の地として繁栄してきました。「水」は生産の基礎となり、人々は農業や漁業によって暮らしてきました。しかし、「水」は生産に災いをもたらし、暮らしを脅かすこともありました。人々は「水」の災いに立ち向かい、恵みに感謝しながら生きてきたのです。
 新潟は、これからも「水」と深くかかわって歴史を紡いでいきます。

水にいどむ

新川底樋埋設工事
低湿地に暮らす技術
潟べりの自然
潟の生き物と人々の暮らし
ヤチ切り鎌
収穫の風景
蒲原平野の村々
さまざまな川舟
新潟で生まれた特産品
ネズラ下駄
繰り返す水害

TOP 水がつくる 水がむすぶ 水にいどむ 水とともに生きる
水とともに生きる
水とともに生きる
北東アジア地図
水がつくる 水がむすぶ 水にいどむ 水とともに生きる