みなとぴあの行事 ─7月─

7月  Julyのカレンダー

7月  
日付 企画展 体験の広場 講座 その他
1日 (水) 薬剤燻蒸のため臨時休館
2日 (木)
3日 (金)
4日 (土)
5日 (日)
6日 (月)
7日 (火)
8日 (水)
9日 (木)
10日 (金)
11日 (土) 潟の暮らし展
12日 (日) こども歴史クラブ キッツオ舟
たいけん
13日 (月) 休館日
14日 (火) 潟の暮らし展
15日 (水)
16日 (木)
17日 (金)
18日 (土) もめん部
19日 (日)
20日 (月) 休館日
21日 (火) 潟の暮らし展
22日 (水)
23日 (木) わら紙つくり
24日 (金)
25日 (土) 関連講演会
26日 (日) 博物館講座
27日 (月) 休館日
28日 (火)
29日 (水) 潟の暮らし展
30日 (木)
31日 (金)

企画展

◆「潟の暮らし」展

【会期】2020年7月11日(土)〜8月23日(日)

>>2020年度開催の企画展

たいけんのひろば たいけんプログラム

◆潟の暮らし展関連「堀でキッツオ舟たいけん」

【日時】7月12日(日)午後2時〜3時
【内容】蒲原平野でタブネ(田舟)としてひろくつかわれたキッツオ舟に乗ったり、押して舟を動かしてみます。
【対象】小学生 1〜3名までのグループ10組(申し込み先着順)
【申込み】メールで、「7月12日 キッツオ舟たいけん」と
     参加者の氏名、連絡先を明記してお申し込みください。
【服装】ひざまでの水に入れる服装で参加してください。着替え・タオルもご持参ください。
【参加費】無料

◆こども歴史クラブ「もしも戦国武将だったなら」

【日時】7月12日(日)午後2時〜3時
【内容】戦国武将が用いた花押やカブトの鍬形には武将の個性が表れています。
    もしあなたが戦国武将だったら、どんなデザインにするかな?今回は鍬形について
    学んで、鍬形のデザインをしてみましょう。 【対象】歴史クラブ部員が対象です。
【申込み】お問い合わせください。
【参加費】無料

◆みなとぴあもめん部

【日時】7月12日(日)午後2時〜3時
【内容】布づくりにまつわる手仕事を博物館資料を使いながら追体験する試みです。
【対象】部員が対象です。
【申込み】お問い合わせください。
【参加費】無料

◆ワラ紙づくり

【日時】7月23日(木)・24日(金)午後2時〜3時
【内容】ワラのパルプではがきサイズのワラ紙を作りましょう。
【対象】どなたでも。当日先着10人(各日)
【申込み】不要です。
【参加費】無料

>>問い合わせ先へ(ページの一番下)

講座・講演会

「潟の暮らし」展関連講演会
  「低湿地の暮らしと水鳥猟−水田狩猟の提唱−」

講 師:安室 知 氏(神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科教授)
内 容:今年、新潟市は国内で初めてラムサール条約の湿地自治体認証制度の候補都市となりました。
   ラムサール条約湿地である佐潟の水鳥猟を軸に、低湿地の暮らしについて解説します。
日 時:7月25日(土)午後1時30分〜3時
会 場:本館2階セミナー室
参加費:100円
申込み:必要です
    メールか、FAX、往復はがきのいずれかで、「潟のくらし展講演会」と、
    氏名、住所、連絡先電話番号(FAXで申し込みの場合は、返信先のFAX番号も)を明記して、
    お申し込みください。
定 員:40名(応募者多数の場合は抽選)


博物館講座 「明治の勧業・勧農政策と新田半人」

日 時:7月26日(日)午後1時30分〜3時
内 容:女池新田の名主の家柄であった新田家で、明治時代の当主は新田半人(にったなかと)でした。
    新田半人の足跡を通して、明治時代の勧業・勧農政策を概観します。
講 師:藍野かおり(当館学芸員)
申込み:必要です。7月8日よりメール申し込み受付開始
申込み方法:メールで、「7月の博物館講座参加希望」と
      氏名、住所、連絡先電話番号を明記してお申し込みください。
定 員:40名(申し込み先着順)

>>問い合わせ先へ(ページの一番下)

ボランティアガイド

◆ボランティアによる常設ガイド

常設展示室の1時間じっくり説明コースと5分概要説明コースの2つがあります。月によってボランティアさんの活動日・時間が異なりますので、くわしくはお問合せください。

◆ボランティアによる敷地ガイド

ボランティアガイドが、重要文化財である旧新潟税関庁舎をはじめ、旧第四銀行住吉町支店の移築・復原や荷揚げ場などをツアー形式で案内します。

お問い合わせは下記まで

郵便番号:〒951−8013  新潟県新潟市中央区柳島町2-10
電話025−225−6111  FAX 025−225−6130  EMAIL: museum@nchm.jp

Niigata City History Museum