みなとぴあの行事 ─10月─

敷地ガイドの様子 このページではみなとぴあのさまざまな行事を紹介します。
企画展(年間4回)、体験プログラム(各週末)、講座(年間4シリーズ)のほか、ボランティアガイドによるガイドツアーなどを開催しています。
お気軽にご参加ください。

>>11月の予定

10月  Octoberのカレンダー

9月  
日付 企画展 体験の広場 講座 その他
1日 (月) 休館日
2日 (火) 玉と鏡の世界
3日 (水)
4日 (木)
5日 (金)
6日 (土) 古代鏡チョコづくり 古文書入門講座@
7日 (日)
8日 (月)
9日(火)
10日(水)
11日(木)
12日(金)
13日(土) もめん部
14日(日) 小刀でオリジナルペンづくり
15日(月) 休館日
16日(火) 玉と鏡の世界
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土) ワラ部 古文書入門講座A
21日(日) こども歴史クラブ 特別講演会
22日(月) 休館日
23日(火) 玉と鏡の世界
24日(水)
25日(木)
26日(金)
27日(土) 古代鏡づくり
28日(日) 勾玉づくり
29日(月) 休館日
30日(火)
31日(水)

企画展

◆新潟開港150周年記念 新潟市歴史博物館・西安博物院友好提携10周年記念
玉と鏡の世界 西安・新潟友好交流特別展

【会期】2018年9月15日(土)〜10月28日(日)
【内容】かつて長安と呼ばれ、中国の歴代王朝が都をおいた西安には、時の権力者に重んじられた品々が数多く残っています。
なかでも玉製品と鏡は霊的な力をもつと考えられ、装飾品・実用品のほか祭祀や埋葬にも用いられました。
このたび、西安博物院と新潟市歴史博物館の友好提携10周年と新潟開港150周年を記念し、西安博物院のコレクションから 貴重な玉製品と鏡80点を展示します。古代中国の歴史をひも解きながら玉と鏡に求められた神秘の力をさぐります。

>>詳しくはこちら

>>平成30年度開催の企画展

たいけんのひろば たいけんプログラム

◆企画展関連 古代鏡チョコづくり

【日時】10月6日(土)・7日(日)・9日(祝) 午後2時〜3時30分
【内容】鋳造技術を用いて、古代の鏡を模したチョコレートを作ります。食べるのがもったいない!かも。
【対象】どなたでも
【申し込み】必要です。イベント名、氏名、住所、連絡先電話番号を明記して
メールまたはFAXでお申し込みください。
【申し込み締切】9月28日
【参加費】1000円

◆みなとぴあもめん部

【日時】10月13日(土) 午後2時〜3時30分
【内容】布生産にまつわる手仕事を博物館資料を使いながら追体験する試みです。
【対象】布に関わる手仕事に関心のある人ならだれでも。
【申し込み】お問い合わせください。
【参加費】無料

◆小刀でオリジナルペンづくり

【日時】10月14日(日) 午後2時〜3時30分
【内容】小刀をつかって、イタドリを削り、オリジナルのペンをつくろう。書き心地はどうだろう?
【対象】小学生 当日先着8名
【申し込み】不要です。
【参加費】無料

◆みなとぴあワラ部

【日時】10月20日(土) 午前10時〜12時
【内容】ワラゾウリを参加者で教えあいながら作ります。
【対象】ワラに関わる手仕事に関心のある人ならだれでも。
【申し込み】お問い合わせください。
【参加費】無料

◆こども歴史クラブEどんぐりクッキーをつくろう

【日時】10月21日(日) 午後2時〜3時30分
【内容】縄文人にとって、どんぐりは大切な食べ物の一つでした。みなとぴあにあるマテバシイの木の実を使って、
石の道具でどんぐりを食べられるようにしてみましょう。
【申し込み】歴史クラブ部員が対象です。お問い合わせください。
【参加費】無料

◆企画展関連 古代鏡づくり

【日時】10月27日(土)@午前10〜12時、A午後2時〜4時
【内容】鏡の鋳造技術を体験してみましょう。
【対象】各回10名
【申し込み】必要です。イベント名、氏名、住所、連絡先電話番号を明記して
メールまたはFAXでお申し込みください。
【申し込み締切】10月19日
【参加費】500円

◆親子でみなとぴあ自然体験

【日時】10月28日(日)午前10時30分〜12時
【内容】みなとぴあの敷地にある身近な自然の中で、親子で楽しく遊びます。
【対象】2歳以上の未就学児とその保護者 申し込み先着15組
【申し込み】必要です。イベント名、氏名、こどもの年齢、住所、連絡先電話番号を明記して
メールでお申し込みください。
【申し込み締切】10月25日(木)
【参加費】無料

◆企画展関連 勾玉づくり

【日時】10月28日(日)@午前10〜12時、A午後2時〜4時
【内容】古代、神秘の力を持つとされた勾玉をつくってみましょう
【対象】各回30名
【申し込み】必要です。イベント名、氏名、住所、連絡先電話番号を明記して
メールまたはFAXでお申し込みください。
【申し込み締切】10月19日
【参加費】200円

>>問い合わせ先へ(ページの一番下)

講座・講演会

■ 博物館講座 
「新潟の観光」

【日時】10月28日(日) 午後1時30分〜3時
【講師】渡邉 久美子(当館学芸員)
【内容】

◆古文書入門講座

くずし字や和漢文調の文章に親しみ、古文書を読む基礎を学ぶ講座です。新潟の古文書をテキストに使います。
【日時】10月6日〜11月17日の第一、第三土曜日 午後1時30分-3時
第1回 10/6(土) 古文書をよむための基本(1)
第2回 10/20(土) 古文書をよむための基本(2)
第3回 11/3(土) 新潟の古文書をよむ(1)
第4回 11/17(土) 新潟の古文書をよむ(2)
【会場】新潟市歴史博物館2階セミナー室
【申込】往復はがき・Eメールのいずれかで、住所・氏名・連絡先電話番号を明記して博物館まで。
     ※締切後に申し込みと同じ方法で返信します。
【締切】9月21日(金)必着 
【定員】80名
     ※定員を大きく越えた場合は、抽選となります。
【資料代】400円(初回に集めます)

◆西安・新潟友好交流特別展 特別講演会
「古代の鏡を読む」

【日時】10月21日(日) 午後2時〜4時
【講師】岡村秀典氏(京都大学教授)

>>詳しくはこちら

>>2018(H30)年度の博物館講座について

>>問い合わせ先へ(ページの一番下)

ボランティアガイド

◆ボランティアによる常設ガイド

常設展示室の1時間じっくり説明コースと5分概要説明コースの2つがあります。月によってボランティアさんの活動日・時間が異なりますので、くわしくはお問合せください。

◆ボランティアによる敷地ガイド

ボランティアガイドが、重要文化財である旧新潟税関庁舎をはじめ、旧第四銀行住吉町支店の移築・復原や荷揚げ場などをツアー形式で案内します。

お問い合わせは下記まで

郵便番号:〒951−8013  新潟県新潟市中央区柳島町2-10
電話025−225−6111  FAX 025−225−6130  EMAIL: museum@nchm.jp

Niigata City History Museum