こども歴史クラブロゴ

| こども歴史クラブTOP | こども歴史クラブについて | 活動の詳しい内容 | 応募方法 | 年間活動スケジュール(予定) |

2017年度 みなとぴあ こども歴史クラブ 参加者 大募集!

  みなとぴあでは、今年度もむかしのくらしや歴史に興味のある小学生のみなさんといっしょに、むかしの道具や技術をたいけんする「みなとぴあ こども歴史クラブ」の活動を行います。
ぜひ、こども歴史クラブの部員になって、いっしょに活動しませんか?
多くのみなさんの参加をお待ちしています。

ページTOPに戻る

活動の詳しい内容

【活動日】毎月第2日曜日(8月を除く) 午後2時から

【活動場所】みなとぴあ 本館1階 たいけんのひろば

【対象】小学生 申し込み先着40名

【活動内容】下記年間スケジュールのとおり  全回参加できなくてもかまいません。

【新規部員特典】部員証と『こども歴史クラブ活動バック』をお渡しします。

【たくさん参加したで賞】全11回のうち、6回以上参加した人には最終回に特製歴史たんけんグッズをプレゼントします。

【部員になるには】申し込みが必要です。

ページTOPに戻る

応募方法

【申し込み方法】名前・学年・住所・電話番号を明記して、
「みなとぴあ こども歴史クラブ部員希望」とメールでお申し込みください。
申し込み受付後、みなとぴあから参加希望日などの確認のご連絡をいたします。

【申し込み先】museum@nchm.jp

ページTOPに戻る

年間活動スケジュール(予定)

日時 テーマ 内容 材料費
4月9日 木簡いろいろ〜古代の役人の仕事たいけん〜 奈良や京の都から遠く離れた越後の国(今の新潟)にも役人がいて、彼らが働いていたことがわかっています。彼らの仕事をすこしたいけんしてみましょう。 無料
5月14日 自分の花押をデザインしよう 戦国武将が用いた花押は、自分がこの文書を書いたということを示すものでした。いろんな武将の花押について学んで、自分の花押をデザインしてみましょう。 無料
6月11日 ミニチュア土偶をつくろう 縄文人はどんな意味を込めて、土偶をつくったのでしょうか。また、かたどった粘土を火の中に入れるとどうなるのでしょうか。自分の目でみて確かめてみましょう。 100円
7月9日 印刷の技術を知ろう 私たちの身の回りには多くの印刷物があります。どんな仕組みで印刷されるのでしょうか。印刷技術の歴史を知って、簡単な印刷技術をたいけんしてみましょう。 200円
9月10日 お月見団子づくり 十五夜の月見に欠かせないのがダンゴです。むかしの道具の石臼をつかってお米をひいて、ダンゴを作りましょう。 無料
10月8日 下町たんけん みなとぴあがある「下町」は新潟のみなとが栄えていたことがわかる場所が残っています。その痕跡を探しながら、下町を散策してみましょう。 無料
11月12日 ワラの道具ができるまで 稲が実り、お米をとった後はどうするのでしょう?稲からワラにするための道具をつかってみたり、ワラで作られたいろいろな道具を見てみましょう。 無料
12月10日 お正月の準備をしよう 新年を迎えるにあたり、新しい年が良い年になるよう様々な準備をします。それらにはどんな意味があるのでしょうか?お正月ならではのモノづくりもやってみましょう。 500円
1月14日 紙をとじる〜和綴じのオリジナルノートづくり〜 たくさんの本がでまわるようになった江戸時代にはいろんな形で本を綴じる方法が綴じ職人によって生み出されました。職人技をならって自分のノートを和綴じで作ってみましょう。 100円
2月11日 あたたまる道具を調べよう みなとぴあの収蔵庫には昔のさまざまなモノが伝えられています。その中から、この季節にぴったりの、さまざまな暖まるための道具を見て、使って、その道具の工夫や知恵を考えてみましょう。 無料
3月11日 みなとぴあのうらがわを見てみよう むかしの暮らしの道具のほかにも、みなとぴあには文化財と呼ばれるさまざまなモノがあります。 また、敷地の建物も大切な文化財です。どんなものがあるか見てみましょう。普段は入れない場所にも行ってみましょう。 無料

ページTOPに戻る

■ 問合せ先 ■

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■ 駐車場&アクセスマップ ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■

アクセスマップ広域

■博物館周辺地図■

アクセスマップ博物館周辺