新潟市歴史博物館 令和3年度企画展

 にいがた幕末の絵師
― 湊を描いた魁庵・文昌と同時代の絵師たち ―

新潟幕末の絵師

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  展示作品一部ご紹介 |  関連イベント |

開催趣旨

 天保年間の新潟湊は大変栄えていました。天保14(1843)年に幕府の直轄地になると、外国船への備えとして台場も築かれました。安政5(1858)年に5ヶ国と修好通商条約が締結され、新潟は時代の変化に直面することになります。
 その中で絵師たちは、栄える新潟湊を描き、祭りや浜遊山、花鳥や山水など、注文に応えて様々な絵を描きました。とくに行田魁庵(なめたかいあん)と井上文昌(いのうえぶんしょう)は、湊町新潟を象徴する絵を描いた絵師として知られています。しかし、いずれもその生涯や画業は詳らかではありません。
 本展覧会では、魁庵と文昌を中心に幕末期に活躍した絵師たちを紹介します。激動の時代をどう生きたのか…残された作品から探ります。

開催情報

【会       期】2022年2月11日(金祝)〜3月27日(日)*一部展示替えあり

【休  館  日】毎週月曜日(ただし3/21は開館)、2/15(火)・2/24(木)・3/22(火)

【開館時間】午前9時30分〜午後5時(観覧券の発売は4時30分まで)

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】一般600円 / 大学・高校生400円 / 中・小学生200円(土日祝日は無料)

      *20人以上団体料金(2割引)
      *会期中、本券で常設展もご覧いただけます

展示作品一部ご紹介

新潟幕末の絵師

関連イベント

特別講演会《幕末の情念》

幕末期の不安な情念を文献や造形作品にみる。

【日 時】3月6日(日) 午後1時30分〜午後3時(開場1時10分)
【講 師】安村敏信氏 (萬美術屋・北斎館館長)
【会 場】本館2階 セミナー室
【参加費】500円
【定 員】60人
【申込み】2/9(水)より先着

ワークショップ《親子ミニからくり屏風づくり》

屏風の仕組みを応用した不思議なミニ屏風を作ってみよう。

【日 時】2月27日(日)@午前10時〜12時
【講 師】神尾顕斗氏 (表具師)
【会 場】本館1階 たいけんのひろば
【参加費】800円
【定 員】親子15組
【申込み】2/9(水)より先着

ワークショップ《和模様のしおりづくり》

和模様のスタンプでオリジナルしおりを作ろう。

【日 時】会期中いつでも
【会 場】本館1階 企画展示室前
【参加費】無料

《学芸員による展示解説会》

【日 時】2月13日・27日、3月13日27日(いずれも日曜) 午後1時30分〜2時
【会 場】本館1階 企画展示室
【参加費】企画展の当日観覧券が必要
【申込み】不要、直接会場へ

《親子で挑戦!ばくまつ新潟おもしろゼミなーる》

推理しながらクイズに答えて、幕末の新潟を知ろう。

【日 時】2月23日(水祝)午前10時〜11時
【会 場】本館1階 企画展示室
【参加費】企画展観覧券が必要(当日中学生以下は無料です)
【定 員】親子10組 【申込み】不要、直接会場へ(当日先着)

《おしゃべり鑑賞教室》

基礎知識ゼロでもOK!学芸員とお話ししながら観賞しよう。

【日 時】3月21日(月祝)午後3時〜4時
【会 場】本館1階 企画展示室
【参加費】企画展観覧券が必要
【定 員】10人 【申込み】不要、直接会場へ(当日先着)

【 体験プログラム・特別講演会お申込み方法 】

電子メールか往復ハガキで、イベント名・氏名・電話番号・住所を明記して
[みなとぴあ問合せ先]までお申込みください

主催・共催・後援

主催:新潟市歴史博物館
共催:新潟日報社,NST新潟総合テレビ
後援:朝日新聞新潟総局,毎日新聞新潟支局,読売新聞新潟支局,日本経済新聞社新潟支局,産経新聞新潟支局,
   NHK新潟放送局,BSN新潟放送,TeNYテレビ新潟,UX新潟テレビ21,NCV潟jューメディア,
   FM新潟77.5,FM KENTO,ラジオチャット・エフエム新津,エフエム角田山ぽかぽかラジオ

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺