みなとぴあ歴史発見プロジェクト企画展/みなとの博物館ネットワーク・フォーラム助成事業
「川・街・港 変わりゆく風景」

変わりゆく風景展

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  おもな展示資料 |  関連イベント | 

開催趣旨

本展は戦後の新潟の街を数多く撮影してきたアマチュアカメラマン桜井進一の作品の中から、新潟の街の象徴でもある信濃川と港に関わるものを主に取り上げる写真展です。
 写真を志した青年桜井進一が最初に向き合った大イベントである新潟県産業観光大博覧会(昭和28年)を皮切りに、信濃川でのヤツメ漁、信濃川沿いを走る貨物列車、信濃川右岸の砂利採り場など、昭和30~40年代に見られた川・港をめぐる日常の風景を紹介します。また、地盤沈下、海岸決壊、新潟地震の被害状況や、再開発される新潟港、信濃川右岸・万代地区の変化など、大きく変わっていった新潟の川・街・港をとりあげます。
大きく変わった新潟の街、その変わりゆく姿をご覧ください。

開催情報

【会       期】令和3年7月17日(土)〜8月29日(日)

【休  館  日】月曜日(8/9は開館)、7/27(火)※7月19日(月)は休館日となります。

【開館時間】午前9時30分〜午後6時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】※本展の観覧には常設展示観覧券が必要です。
                  一般 300(240)円、大学生・高校生 200(160)円、中学生・小学生は無料
                  ※( )は、団体料金(20人以上)

【主       催】新潟市歴史博物館

【プロジェクト協賛】N S T、日和山五合目、北陸ガス、NSGグループ、ハミングツアー
                            本間組、田中屋本店、堀川、新潟たけうち

【協       力】国土交通省北陸地方整備局 新潟港湾・空港整備事務所

【後       援】新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、
                  日本経済新聞社新潟支局、産経新聞新潟支局、
                  NHK新潟放送局、BSN新潟放送、TeNYテレビ新潟、
                  UX新潟テレビ21、NCV(株)ニューメディア
                  エフエムラジオ新潟、FM KENTO、
                  ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ

展示構成

●プロローグ 新潟県観光産業大博覧会
●川・街・港をめぐる日常
●壊れてしまった街・港
●変わりゆく港
●変わる街−新潟駅と万代地区−



関連イベント

座談会「フィルム写真の魅力」

昭和28年から60年以上にわたって、フィルム写真にこだわり撮影を続けてきた作家本人が
フィルム写真の面白さや撮影秘話を語ります。展示解説会もあわせて行います。

【日時】8月1日(日)午後1時30分〜3時
【会場】本館2階セミナー室および企画展示室
【講師】桜井進一(本展作家)、聞き手:当館学芸員
【参加費】無料(※展示解説会には当日の観覧券が必要です。)
【定員】30名(※応募者多数の場合、抽選)
【申し込み締切】7月24日(土)必着

「2021年のみなとを写そう」親子で新潟西港巡検・撮影会

港湾業務艇「あさひ」に乗って、新潟西港を巡検します。
船上から港らしい風景や港の仕事を撮影します。

【日時】8月4日(水)・5日(木)・6日(金)
    各日とも@午後1時〜、A午後2時30分〜の2回開催
【集合場所】本館1階たいけんのひろば
【参加費】無料
【定員】各回、小学生とその保護者3組
    (大人1人、小学生2人まで)
    計18組
【申し込み締切】7月28日(水)(必着)

「2021年のみなとのすがた」こどもの写真展

親子で新潟西港巡検・撮影会の参加者が撮影した「みなとのすがた」を紹介する写真展です。

【会期】8月10日(火)〜29日(日)
  【会場】本館1階エントランスホール

申し込み方法

電子メール・往復はがき・FAXのいずれかで下記までお申し込みください。
参加するイベント名(@は希望する日時も)、参加者全員の氏名(@はこどもの学年も)、
住所、連絡先電話番号を明記してお申し込みください。
FAXでのお申し込みは返信用FAX番号も明記してください。

上に戻る

申し込み・お問い合わせは

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp
     電話025−225−6111
    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺

上に戻る