新潟市歴史博物館 2020年度みなとぴあ歴史発見プロジェクト企画展

 生誕320年 五十嵐浚明(いからし・しゅんめい)
― 越後絵画のあけぼの、謎の絵師に迫る! ―

五十嵐浚明
     虎図(個人蔵)/山水図(個人蔵)/大黒天図(館蔵)/梅花丹頂鶴・柳牡丹白鷺図屏風(正福寺蔵)
芸術振興基金助成事業

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  主な展示内容 |  関連イベント情報 |

開催趣旨

 五十嵐浚明(1700-81)は、新潟湊に生まれた江戸時代中期の絵師です。江戸で狩野派の門をたたき、また京都へ赴いて日本文人画の大成者とされる池大雅など多くの文化人と交流し、朝廷から与えられる位「法眼(ほうげん)」を得て帰郷しました。その後は新潟で多くの需要に応える一方後進の育成に尽力し、越後絵画史を語る上で欠くことのできない人物です。
 新潟を拠点としながらも、独自の画境をひらいた絵師として関西でも名を馳せており、晩年に
は勅命を得て天皇に画を献上する栄誉を得ま
した。
 本展覧会は、浚明生誕320年を経て、新潟
で大切にされてきた作品に加え、関西とのつ
ながりを示す作品も広く集めてご紹介する回
顧展です。なぜ新潟にいながら勅命を賜るこ
とになったのか、多くの人々が求めた浚明作
品の魅力とは?謎に包まれた絵師の全貌に迫
ります。

                      龍虎図屏風(彌彦神社蔵)

開催情報

【会       期】2020年11月14日(土)〜12月27日(日)
 *展示替えあり 前期11月14日〜12月6日/後期12月8日(火)〜27日(日)

【休  館  日】毎週月曜日(ただし、11月23日は開館)、11月24日(火)

【開館時間】午前9時30分〜午後5時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【館  覧  料】

区分 当日券(団体料金) 前後期通し券
(団体料金)
一般 500円(400円) 700円(560円)
大学生・高校生 300円(240円) 450円(360円)
中学生・小学生 無料 無料

※20人以上団体料金(2割引)
※常設展示は別途観覧券が必要

主な展示内容

画業のはじまり

狩野派の修業や新潟での活動、俳句文化との関わ
りなどがうかがわれる、初期の作品を紹介します。

多彩な画技

墨調豊かな水墨画、細密な着色画から大画面の屏
風制作まで、画題も幅広くこなす浚明の画業をご堪能
ください。

関西との交流、みなとの文化

京都では絵師の地位である「法眼(ほうげん)」
を授かった浚明は、池大雅をはじめ多くの文化人と
出会いました。絵師としてだけでなく広く教養を備
えた浚明の活躍をみることができます。

天皇の御用

晩年、浚明は天皇直々に注文を受けて画を献上す
る栄誉を得ました。なぜ新潟の浚明へ勅命が下った
のか、どのような画を献上したのか。謎の多いこの
事績についてご紹介します。

新潟で絵師を育てる

浚明は新潟で多くの絵師を育て、その系統は五十
嵐派とも呼ばれました。新潟だけでなく江戸や京都で
も活躍した絵師たちをご紹介します。

   

                          画稿張飛図/七夕図/猿猴捉月図(館蔵)

見どころ

〈1〉越後絵画史はここからはじまった!?
〈2〉関西でいまも名を知られる新潟の絵師。県外の作品も含め多数初公開!
〈3〉新潟で活躍しながら、晩年には天皇から作品を所望されるなど、謎多き生涯に迫る

関連イベント

ナイトミュージアム〈夜の和楽器コンサート〉など…ただいま準備中です!

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺