2018年度みなとぴあ歴史発見プロジェクト企画展
にいがた 船と港の150年

ふねみなと展

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  おもな展示資料 |  関連イベント |  同時開催 | 

開催趣旨

 2019年1月1日、新潟港は外国に開かれた港となって150年目の節目を迎えます。
横浜、長崎、函館の開港に遅れること10年、新潟は明治元年11月19日(1869年1月1日)に開港しました。
新潟港は河口港であるため大型船の入港が制限され、外国貿易は伸び悩みましたが内国航路では従来通り日本海側の拠点港として にぎわいをみせていました。また新潟の地の利を生かした対岸貿易も模索していました。それに伴いさまざまな船舶が新潟に入港し、 人やモノが行き交いました。
大正15(1926)年、新潟市民待望の近代港湾が整備され、信濃川右岸に新しい港が建設されると、港の姿は一変し、 昭和初期には大陸の玄関口と位置づけられました。戦後、度重なる災害への対策や産業構造の変化に合わせて港の姿は 再び変わり、入港する船もまた時代の変化に合わせて変わりました。
本展では、新潟開港後150年間に新潟港に入港したさまざまな船舶を紹介するとともに、その舞台となった新潟港の 移り変わりを概観します。

開催情報

【会       期】平成30年7月14日(土)〜8月19日(日)

【休  館  日】月曜日(7/16、8/13は開館)

【開館時間】午前9時30分〜午後6時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】一般 300(240)円、大学生・高校生 200(160)円、中学生・小学生は無料
                  ※( )は、団体料金(20人以上)
                  ※企画展の観覧券で、常設展もご覧いただけます。

【主       催】新潟市歴史博物館

【後       援】新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、
                  日本経済新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、
                  NHK新潟放送局、BSN新潟放送、N S T、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、
                  エフエムラジオ新潟、FM PORT79.0、FM KENTO

【プロジェクト協賛】N S T、日和山五合目、北陸ガス、NSGグループ、信濃川ウォーターシャトル
                            本間組、田中屋本店、堀川、新潟たけうち

主な展示資料

●『外国船出入其他物品調』(明治2・3年)
●西洋形船舶留記(明治期)
●汽船 第一北越丸航海発着調(明治27年)
●新潟県浦塩樺太実業団視察員写真帳(明治40年)
●新潟港修築設計書(大正3年)
●月山丸パンフレット(昭和13年)
●佐渡汽船こがね丸模型       ほか

関連イベント

展示解説会

毎週日曜日 午後1時30分から(30分程度)
申込み不要、時間までに企画展示室前にお集まりください。
(当日の観覧券が必要です。)

新潟漁協新潟市場見学会〜魚が食卓にあがるまで〜

定置網漁船が帰港してから、とれた魚を水揚げし、
セリにかける準備の様子や魚の流通に欠かせない
新潟市場の施設を見学します。
【日時】8月2日(木)
    午後1時〜2時30分(荒天の場合は翌日に延期)
【会場】新潟漁協地方卸売新潟市場(中央区万代島2−1)
【参加費】無料
【定員】小学生以上 30名(小学生は保護者同伴)
【申し込み】電子メールか往復はがきで、
      氏名(小学生は学年も)、住所、連絡先電話番号、「魚市場見学会」と明記の上、
      お申し込みください。(応募者多数の場合は抽選)
【締切】7月24日(火)(必着)

同時開催

海上保安制度創設70周年「みなとを支える海図と灯台」

船の公開に欠かすことのできない海図と灯台を
港の歴史とともにパネルで紹介します。
【会場】本館1階ロビー
【主催】第九管区海上保安本部

オリジナル海図しおりをつくろう

リサイクル海図で自分だけのしおりをつくります。
【実施日】会期中の土日祝日(材料がなくなり次第終了)

巡視船のペーパークラフトをつくろう

新潟西港に配備されている巡視船えちごの
ペーパークラフトをつくります。
【日時】7月28日(土)・29日(日) 午後1時30分〜3時30分
【会場】本館1階たいけんのひろば
【参加費】無料
【定員】小学生以上 (材料がなくなり次第終了)
【協力】第九管区海上保安本部

上に戻る

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp
     電話025−225−6111
    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺

上に戻る