平成29年度みなとぴあ歴史発見プロジェクト企画展
ワンダーランド近世新潟町

幕末頃の新潟町(イラスト)

■幕末頃の新潟町(イラスト)

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  おもな展示資料 |  関連事業 | 

開催趣旨

浜の方角に向かって山手という。町の通りが信濃川の流れと同じに弧をえがく。海岸からは砂が降ってくる。沈下しては盛り上がる。こんな不思議な新潟町が江戸時代に日本海側有数の湊町として栄えました。そして幕末には他に先んじて開港五港の一つに選ばれました。2019年1月1日には開港150周年を迎えます。
しかし、その後の都市化や大火などにより江戸時代に湊町を形づくっていた堀や建物は姿を消し、現在の街中で江戸時代のものを目にすることはほとんどできません。
その不思議な江戸時代の新潟町のようすを、近年の発掘調査の成果と、絵図や書籍などの歴史資料とを掛け合わせながら浮かび上がらせます。

■この企画展はみなとの博物館ネットワークフォーラムの助成事業です。

開催情報

【会       期】平成29年12月9日(土)〜平成30年1月28日(日)

【休  館  日】12月11日(月)・18日(月)・25日(月)・28日(木)〜1月3日(水)
                  1月9日(火)・15日(月)・22日(月)

【開館時間】午前9時30分〜午後5時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】無料    ※常設展示は別途有料観覧券が必要

【主       催】新潟市歴史博物館

【みなとぴあ歴史発見プロジェクト協賛】NST  日和山五合目  北陸ガス株式会社  NSG新潟総合学院
                                                        信濃川ウォーターシャトル(株)  (株)本間組  
                                                        (株)田中屋本店  (株)堀川  (有)新潟たけうち

展示構成

              項目                      概要
はじめに
水と砂に翻弄された新潟町!

砂丘と信濃川に挟まれた河口に築かれた新潟町は、信濃川に町の形を決められ、かつ飛んでくる砂と地盤沈下に翻弄されながら町を維持してきました。そうした自然環境と町のかかわりを紹介します。

1.新潟町のはじまり…
新潟町は戦国期に成立したと考えられていますが、詳細は明らかではありません。その後、いく度か移転を繰り返し、明暦元(1655)年の移転を最後に現在に至っています。
これまでの研究成果をもとに新潟町の起源を追います。

2.新潟町のす・が・た
江戸時代の新潟町はどのようなようすだったのでしょう。当時に記された絵図などを中心に湊町として栄えた新潟町の姿をうかがいます。

3.地下から現れた新潟町!?
地上では現在の街中で江戸時代のものを目にすることはほとんどできませんが、発掘調査によって地下には江戸時代の町の痕跡が残っていることが分かりました。そのため町の広い範囲が「近世新潟町跡」という遺跡になりました。その調査成果を紹介します。

4.江戸から明治へ
              移り変わる新潟町!?

明治元(1869)年の新潟開港を迎え、新潟町は開港場にふさわしい近代的な都市へと町並みが整備されました。江戸から明治にかけて変わりゆく町の姿を追います。

5.現在の町に
              江戸時代をさがす!

都市化された現在の町に江戸時代のものは残っていないのか…!それを探ってみます。

関連事業

展示解説会

毎週日曜日 午後2時から(1時間程度)

まちあるき「江戸時代の新潟町を訪ねる」

【日時】1月27日(土) 午後1時30分〜3時
【コース(予定)】みなとぴあ(企画展示室)→広小路近世新潟町跡発掘地点
                            →古町花街界隈(荒天の場合は中止)
【参加費】300円(保険料・観覧料など)
【定員】15名程度 (応募者多数の場合は抽選)
【申し込み】@江戸時代の新潟町あるき、A氏名、B住所、C連絡先電話番号を明記して、
              Eメール、FAX、または往復はがきでお申し込みください。
【締切】1月17日(水)

上に戻る

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺

上に戻る