第14回むかしのくらし展 旅はぼうけん

旅籠イメージ

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  主な展示内容 |  イベント情報 | 

開催趣旨

 自分の住むところをはなれて、遠い場所へ出かける。旅にわくわくする気持ちは、おとなもこどもも感じたことがあるでしょう。むかしの人も同じです。しかし、むかしといまとでは、旅の目的や方法は少しちがっていたようです。それはくらしのようすが大きくかわってきたからです。いまとむかしの旅をくらべて、その変化をみてみましょう!
 新潟市歴史博物館では、小学3・4年生が地域の歴史やくらしの移り変わりを学ぶことのできる「むかしのくらし展」を毎年開催しています。今年は「旅」をテーマに、いまとむかしの違いをわかりやすくご紹介します。

開催情報

【会       期】2017(平成29)年 9月16日(土)〜11月26日(日)

【休  館  日】月曜日(ただし9月18日・10月9日は開館)

【開館時間】9月30日まで午前9時30分〜午後6時/10月1日から午前9時30分〜午後5時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【館  覧  料】無料(常設展示の観覧券は別途必要)

主な展示内容

展示資料

1. なにをもっていく? ― 旅すがた

  

道中合羽・ワラジ・手行李・小田原提灯・トンビ・トランク・懐中時計ほか

2. どこへ行く? ― 旅の目的

  

道中記・善光寺境内図・おみくじ・温泉案内・スキー用具・遊園地チラシほか

3. なにでいく? ― 旅の方法

  

駕籠・馬のワラジ・蒸気機関車実物大写真・駅弁お茶土瓶・上越新幹線開通記念品ほか

4. 宿にとまろう ― 旅籠屋

  

たらい・銭箱・帳場格子・行灯・箱枕・膳・火鉢・カマド・羽釜・手桶ほか

5. さあ、旅に出よう ― ショートトリップ

●本の旅:江戸時代の旅のガイドブック『越後土産』などを自由に読むことができます。
●すごろくの旅:巨大すごろくで、自分がコマになってアガリをめざしましょう。
●新潟の旅:新潟のむかしの街道や名所を盛り込んだマップを展示します。

道中双六

弥次喜多東海道膝栗毛道中双六 明治33(1900)年

駅弁チラシ

駅立売弁当のご案内 1950年代後半

イベント情報

小田原提灯づくり ―むかしの携帯ライト

折りたたんで小さくしまえる、持ち歩き用の提灯。発祥の地「小田原」の工作キットです。デザインは自由に描くことができます。

日 時:9月30日(土)・10月1日(日)  午後2時〜3時30分

会 場:本館1階たいけんのひろば

参加費:1000円

定 員:10人(各日)

申 込:9月21日までに、メールまたはFAXでお名前・電話番号を博物館まで。

もちつき ―旅の楽しみ茶屋のもち

きねとうすでもちつき体験。ついたもちはあんこやきなこでいただきます。

日 時:10月29日(日)  午前11時から

会 場:本館1階エントランスホール

参加費:無料

定 員:もちがなくなり次第終了申込不要。

申 込:不要

博物館の交通情報

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺