現代新潟風景画展 1974─1989 〜小柳俊郎の詩とともに〜 2016/6/11-6/19

タイトルロゴ

左:小柳俊郎(1980年 友野満喜緒氏撮影) 右:唐沢治一郎「'89春 市役所本館付近」(カンバス、油彩、1989年)

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  おもな展示資料 | 

開催趣旨

 昭和後期の風景画と現代詩のコラボ!  かつて「新潟市郷土資料館」で毎年開かれた「現代新潟風景画展」の出品作30点と、同時代の新潟の詩人・小柳俊郎の詩13編をあわせて紹介します。最終日は朗読と演奏のライブイベントも。昭和後期の香りをお楽しみください。

開催情報

【会       期】平成28年 6月11日(土)〜6月19日(日)

【休  館  日】6月13日(月)

【開館時間】午前9時30分〜午後6時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】無料

        ※常設展示は別途有料観覧券が必要

【主       催】新潟市歴史博物館

チラシ 展覧会チラシ(PDFファイル:1.3MB)

展示構成(予定)

絵画・版画

阿部一夫「五十嵐浜風景」(カンバス、油彩)1974年
土屋仁夫「柳島風景」(カンバス、油彩)1974年
水落たけ乃「古町十字路」(カンバス、油彩)1974年
山田夏男「電車の見える風景」(紙、水彩・インク・鉛筆)1974年
小飯塚元「初夏の鳥屋野潟」(カンバス、油彩)1975年
関屋俊彦「突堤附近」(紙、パステル)1975年
小飯塚元「真夏のレインボータワー」(カンバス、油彩)1976年
代谷実「一番堀通り」(カンバス、油彩)1976年
堀井健美「関分公園」(カンバス、油彩)1976年
諸橋新「雨の日曜日」(カンバス、油彩)1976年
神戸盛二「鍋茶屋通りの午後」(カンバス、油彩)1978年
桑野繁雄「里の河」(カンバス、油彩)1978年
関口昌孝「白山様植木市」(カンバス、油彩)1978年
土屋仁夫「新潟下町界隈(本町14)」(カンバス、油彩)1979年
神戸盛二「本町市場にて」(カンバス、油彩)1981年
佐合敦「雨」(紙、木版)1982年
富川潤一「本町市場」(紙、パステル)1982年
高橋健太郎「狭霧の港」(紙、パステル)1984年
富田徹「新しい街」(カンバス、油彩)1984年
岡村文彦「旧県庁」(カンバス、油彩)1985年
斎藤吉之助「旧日和山」(紙、水彩)1986年
瀧澤徳「早春」(紙、パステル)1987年
近松一雄「ななかまど実る資料館」(カンバス、油彩)1987年
野本昭生「山ノ下風景」(カンバス、油彩)1987年
小林和夫「三月西大畑にて」(紙、パステル)1988年
福本喜彦「資料館」(紙、リノカット)1988年
渡辺弘「関屋浜残照」(カンバス、油彩)1988年
片野四郎「花屋の店先(真砂町)」(カンバス、油彩)1989年
唐沢治一郎「89春 市役所本館付近」(カンバス、油彩)1989年
松田忠三「夜の万代橋」(カンバス、油彩)1989年

小柳俊郎の詩編

私の歳月(『現代詩謡』09)
東京夜景−勤め先に旅立つ末娘を羽田に見送る−(『現代詩謡』10)
秋という現象の夜(『現代詩謡』11)
今はもう−古妻に聞かせる詩−(『現代詩謡』13)
幻聴(『現代詩謡』17)
入れ歯(『現代詩謡』18)
時(『現代詩謡』19)
ふるさと(『現代詩謡』19)
老漫痴詩抄−外孫たち−といって私に内孫はないのですが(『現代詩謡』24)
老漫痴詩抄−ナレーション(『現代詩謡』25)
老漫痴詩抄−亡骸(『現代詩謡』26)
老漫痴詩抄−雪(『現代詩謡』30)
想い出の古町−Caricatured Ballad−(『小柳俊郎音数律詩』)

イベント案内

ライブイベント ── 耳できく 絵と詩

日時:6月19日(日) 14:00〜15:30

参加費:無料(事前申し込み不要)

【1】「耳で楽しむ絵画」

   学芸員によるギャラリートーク

【2】朗読会−小柳俊郎の詩編から

   朗読:荒井和真

【3】歌と詩のライブ演奏

   演奏:そうだみつのり

荒井和真 荒井和真 あらい かずま
1962年新潟県生まれ。武蔵野音楽学院でジャズ理論およびジャズギターを学ぶ。帰郷後栗田芳宏演出のゅーとぴあ市民ミュージカル「ファデット」に参加。りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズに出演し、同シリーズで2006年以後ルーマニアをはじめハンガリー、ポーランド、ドイツなどの国際シェイクスピア演劇祭に招聘。現在KURITAカンパニー所属。
そうだみつのり そうだみつのり
1952年新潟県生まれ。「叫びの詩人」の異名を持つ詩人&ミュージシャン。25歳でソ連に渡り、以後沖縄などの放浪の旅へ。路上やお寺、電車でのライブコンサート、絵画展など既成の枠を超えた活動を続ける。80年代にCD「角田山」「そうだみつのりの弁明」をリリース。90年代にはチェルノブイリ原発事故被災者救援の慈善コンサートに参加。新発田市佐々木在住。

上に戻る

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺

上に戻る