企画展 近世黎明―堀直寄と新潟―

近世黎明

「堀直寄寿像(御寿影)」(新潟県立歴史博物館蔵)【 展示期間 】平成28年12月10日〜平成29年1月9日

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  主な展示内容 |  イベント情報 |  インフォメーション | 

開催趣旨

 今年、江戸初期の大名堀直寄が越後に入部し、新潟を領有してから400年目を迎えます。
戦国時代が終わり、平和な時代に移り行く中、直寄は新しい社会の建設のために奔走しました。直寄が行った政策は新潟湊の発展や農村における新田開発に繋がるなど、今日の新潟市域にあたる町や村にも影響を与えました。
 直寄の越後入部400年を機に、堀直寄や直寄の生きた時代の新潟について、古文書や絵図、絵画などから探ります。

開催情報

【会       期】2016(平成28)年 12月10日(土)〜平成29年1月29日(日)

【休  館  日】】 毎週月曜日・1月10日(※1月9日は開館)、12月26日〜1月3日は年末年始で休館。

【開館時間】午前9時30分〜午後5時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【館  覧  料】
大人600円[480円]、高校生・大学生400円[320円]、小学生・中学生200円[160円]
※( )は、団体料金(20人以上)
※土・日曜日及び祝日は中学生・小学生は無料
※企画展の観覧券で、常設展もご覧いただけます。
※本企画展開催中、企画展チケットの半券持参で観覧料が2割引になります(他の割引との併用はできません)。

主な展示内容

展示資料

・越後近世の幕開け:神饌箱、堀秀治書状、福島城出土瓦ほか

・堀直寄と越後:坂戸城絵図、堀直寄法度、古新潟之図ほか

・江戸初期における村々:横越組新村年代方角親村付帳、溝口宣勝開発免許状、橋田村金津村山論裁許絵図ほか

・新潟湊と堀直寄家のその後:堀直定家老連署状、牧野忠成書状、老松双鶴図ほか

        

※資料保護のため一部展示替えがあります。
【平成28年12月10日(土)〜平成29年1月9日(月)】堀直寄寿像(御寿影)、集古十種(直江兼続肖像画写)ほか
【平成29年1月11日(水)〜平成29年1月29日(日)】鉄団影、直江状ほか

  神饌箱

神饌箱(渡辺俊也氏蔵、上越市指定文化財)

  新潟諸役用捨之覚
新潟諸役用捨之覚(新潟市歴史博物館蔵、新潟市指定文化財)

  古新潟之図
古新潟之図(新潟市歴史博物館蔵)

イベント情報

展示解説 当館学芸員による展示解説

【内容】当館学芸員による展示資料の解説

【日時】毎週日曜日  午後2時から(約60分間)

【会場】1階企画展示室

※事前申し込み不要。当日の観覧券が必要です。

記念演奏会 「越後明暗流尺八演奏会」(終了しました)

  演奏会
【内容】堀直寄の家臣、文仲が開いたと伝わる越後明暗流(みょうあんりゅう)尺八の演奏が行われます。

【演奏】越後明暗流尺八保存会

【日時】12月17日(土) 午後2時から3時

【会場】2階ミュージアムシアター

【定員】先着80名

【参加費】無料

【申し込み】不要。当日会場までお越し下さい。

記念講演会 「堀直寄とその生涯」

【内容】堀直寄の生涯について、古文書を読み解きながら探ります。

【講師】佐藤 賢次 氏(加茂市史編さん委員)

【日時】平成29年1月28日(土) 午後1時30分〜3時

【会場】2階セミナー室

【定員】80名(多数の場合抽選とさせていただきます。)

【参加費】資料代100円

【申し込み】往復はがきに住所、氏名、連絡先電話番号を記入の上「記念講演会係」まで(1月13日必着)

インフォメーション

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp    電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■

上に戻る