タイトルロゴ

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  おもな展示資料 | 

開催趣旨

 新潟市歴史博物館は、かつての新潟市郷土資料館から資料を引き継ぎ、また市民の方々からの多くのご寄贈によって、新潟市の歴史に関わる様々な資料を収集・保存してきました。これら博物館の根幹をなす収蔵資料は市民共有の財産であり、より多くの資料を市民のみなさまにご覧頂くため、毎年収蔵品展・新収蔵品展を開催しています。
 今年度は、沼垂の旧「山惣呉服店」の蔵に収められていた品を1,000点以上ご寄贈いただくことができました。山惣呉服店は、明治5年に創業し平成14年までつづいた老舗の呉服店です。通年、収蔵品展ではテーマを決めて収蔵資料をご紹介していますが、今年度はこの一大資料群を公開する機会とさせていただきます。
 新収蔵品展では、今年度市民の皆さまから寄贈を受けた古文書、民俗資料などを展示します。

開催情報

【会       期】平成28年 2月11日(木祝)〜3月27日(日)

【休  館  日】2/12(金)、2/15(月)、2/22(月)、2/29(月)、3/7(月)、3/14(月)、3/22(火)

【開館時間】午前9時30分〜午後5時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】無料 ※2階常設展示は有料です。

【主       催】新潟市歴史博物館

おもな展示資料

■収蔵品展「老舗呉服店の蔵のなか」

明治から現代までつづいた沼垂の「山惣呉服店」ゆかりの品々をご紹介します。

【おもな展示資料】
京呉服染見本帳、唐織丸帯地反物、「御一泊東京遊覧御招待付大売出し」(昭和11年)
親鸞聖人像および厨子、蓬莱山御所解模様丸帯、カトレア模様羽織、草花模様絞り襦袢、塗り膳、茶碗
森狙仙「猿図」、柳沢淇園「花卉図」、頼山陽「山水図」など

■新収蔵品展

今年度ご寄贈いただいた資料を中心にご紹介します。

【おもな展示資料】絵画「新潟旧税関」(安西啓明作)、車大工資料、福原家文書など

上に戻る

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺

上に戻る