第12回むかしのくらし展 戦争とくらし

戦争とくらし

「ヒカウキ」国民学校初等科二年芸能科図画『ヱノホン(二)』文部省、昭和16年

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  主な展示内容 |  イベント情報 |  インフォメーション | 

開催趣旨

 新潟市歴史博物館では、小学3・4年生が地域の歴史を学習できるように「むかしのくらし展」を毎年開催してきました。戦後70年目をむかえる今年は戦時中のくらしの様子をテーマにしました。 この展覧会は、歴史的な背景についてまだ学習していない学齢の子どもたちの目線に立って資料を選び、内容を構成しています。戦争によって身近なくらしの風景が変化していった様子に気づいてもらい、戦争という出来事の影響力の大きさを五感で感じてもらいたいと考えたものです。一般の観覧者には補助解説を用意し、また毎週日曜日には大人向けの解説会も行います。どうぞ親子で、ご家族でご覧ください。

開催情報

【会       期】平成27年9月12日(土)〜12月6日(日)

【休  館  日】9月14日(月)、28日(月)、
               10月5日(月)、13日(火)、19日(月)、26日(月)
               11月4日(水)、9日(月)、16日(月)、24日(火)、30日(月)

【開館時間】9月30日(水)まで:午前9時30分〜午後6時
      10月 1日(木)から:午前9時30分〜午後5時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】無料(常設展示の観覧は有料)

【主       催】新潟市歴史博物館

【協       力】新潟市立日和山小学校

上に戻る

展示構成

1 戦争でかわった 子どもの世界

■『国民四年生』昭和16年6月号、■『少女倶楽部』昭和14年新年号附録「皇軍慰問絵はがき」、■漫画映画「桃太郎の海鷲」(瀬尾光世監督、昭和18年)、■紙芝居「軍神の母」(昭和18年、日本教育紙芝居協会)、ほか

2 戦争でかわった学校

■『ヨイコドモ』(国民学校初等科国語教科書)、■『エノホン』(国民学校初等科図画教科書)、■レコード「敵機爆音集」、ほか

3 戦争でかわったくらし

■陶製の湯タンポ、■戦時中の食事メニュー再現模型、■一七年式防空用防毒面、■玉音放送と戦時中のラジオ、ほか

  卯の花飯

昭和18年「新潟日報」に掲載されたレシピを再現した「卯の花飯」。展覧会では模型が展示されている。

上に戻る

イベント

【大人のための展示解説会】

□日時:毎週日曜日 午後2時〜

□会場:企画展示室

□どなたでも無料で参加できます

【戦時中の流行歌】

□内容:会期中、エントランスホールで戦時中の流行歌を流します。

※曲名や歌詞に現在では使われない名称や不適切な表現も含まれますが、いずれも昭和14〜19年当時の社会情勢、国際情勢を示す歴史資料として紹介するものです。また都合により変更になる場合があります。

【(予定)】 白蘭の歌、いとしあの星、誰か故郷を想わざる、なつかしの歌声、雪の満州里、お島千太郎旅唄、暁に祈る、燦めく星座、新妻鏡、目ン無い千鳥、湖畔の宿、高原の旅愁、蘇州夜曲、別れ船、地球の上に朝が来る、小雨の丘、南洋航路、熱砂の誓い、隣組、森の小径、めんこい子馬、梅と兵隊、パラオ恋しや、琵琶湖哀歌、十三夜、明日はお立ちか、高原の月、ジャワのマンゴ売り、森の水車、新雪、鈴懸の径、婦系図の歌、湖畔の乙女、南の花嫁さん、南から南から、バタビヤの夜は更けて、勘太郎月夜唄、お使いは自転車に乗って、若鷲の歌、お山の杉の子

インフォメーション

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp    電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■

上に戻る