新潟市歴史博物館
2013年度 企画展

新潟の漆器

竹塗煙草盆

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  展示構成 |  関連イベント情報 |

開催趣旨

漆器はかつての暮らしのさまざまな場面で使われていました。日常の食事には漆塗りの膳や汁椀が、冠婚葬祭などの行事では一揃いの漆器の膳椀が使われました。煙草盆や文机、鏡台、下駄や衣桁など暮らしを彩り支える道具にも漆は欠かせない存在でした。
漆器の歴史は縄文時代にさかのぼります。古代には漆器の使用には厳しい身分的制約がありましたが、武家の台頭とともに漆器の使用が広まり、近世から近代にかけて一般の人々にも広く使われるようになりました。
近世になると全国各地に漆の産地が成立し、新潟でも江戸時代後半には漆器生産がはじまり、近代にかけて新潟の代表的な産物になりました。
本展では、新潟県内の遺跡から発掘された漆器や江戸時代末から明治・大正・昭和にかけて使われてきた漆器を展示し、新潟の人々が暮らしの中でどのように漆器を使ってきたのかを振り返ります。また漆器職人の道具や新潟漆器の制作工程など、新潟の漆器生産についても紹介します。

開催情報

【会       期】2013(平成25)年7月20日(土)〜9月1日(日)

【休  館  日】毎週月曜日(ただし、8月12日は開館)

【開館時間】午前9時30分〜午後6時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【同時開催】旧小澤家住宅にて、「新潟漆器展」を開催(7月20日〜9月1日)

【観  覧  料】

区分 当日券(個人) 当日券(団体) 旧小澤家住宅との共通券
一般 600円 480円 640円
大学生・高校生 400円 320円 480円
中学生・小学生 200円 160円 240円

※中学生・小学生は土日祝日無料

※常設展示もあわせてご覧になれます。

展示構成

■発掘された越後の漆器-古代・中世・近世‐

県内の遺跡から出土した漆器関係資料を展示します。
◆主な展示資料
古代:八幡林遺跡、一之口遺跡 出土資料
中世:下町・坊城遺跡、水久保遺跡、寺前遺跡、
浦廻遺跡、馬場屋敷下層遺跡、和納館遺跡、沖ノ羽遺跡
大沢谷内遺跡、箱館跡、八詰遺跡 出土資料ほか
近世:新発田城遺跡、近世新潟町跡 出土資料

■漆器を使う

行事の日の膳椀をはじめ、漆をつかったさまざまな生活道具を展示します。
◆主な展示資料
膳椀、弁当箱、火鉢、かんざしなど市内で用いられた、漆を使った生活道具

■漆器を作る

新潟漆器の製作工程や漆器に関わる職人の道具、県内産地の漆器を展示します。
◆主な展示資料
新潟漆器とその制作工程の紹介パネル塗師の道具、漆掻き職人の道具

関連イベント情報

申し込みの必要なものは
往復はがきに、氏名・住所・連絡先電話番号・参加希望イベント名を明記し、
下記博物館問合せ先までお申し込みください。
応募者多数の場合は抽選いたします。結果は申し込み締め切り後にお知らせします。

展示解説会

当館学芸員による展示解説を行います。

【日時】毎週日曜日、午後2時から開催(45分程度)
        ※8月4日のみ、午後3時30分から
■事前申込不要(当日の観覧券が必要です。)
時間までに企画展示室にお集まりください。

講演会

「知られざる漆の文化史9000年の歩み―その歴史と未来―」

【日時】8月4日(日)    午後2時〜3時30分
【会場】本館2階セミナー室
【講師】四柳嘉章氏
(石川県輪島漆芸美術館館長・漆器文化財科学研究所所長)
【定員】90名
【参加費】100円(資料代)
【申込】メールもしくは往復はがきに、氏名・住所・連絡先電話番号と、
「新潟の漆器展講演会希望」と明記して、博物館まで
【締切】7月26日(金)必着

たいけんプログラム

漆器の加飾を体験〜沈金にチャレンジ〜

【日時】8月11日(日)・18日(日)    @午前10時30分〜正午  A午後2時〜3時30分
【内容】彫刻刀で板に模様を彫り、漆を塗って金粉をまきつける「沈金(ちんきん)」という技法を用いて、
本漆のコースターを作ります。
【場所】本館1階たいけんのひろば
【講師】新潟市漆器同業組合のみなさん
【定員】小学生以上、各回とも材料がなくなり次第終了
【参加費】500円(材料費)
【申込】不要です。当日会場にお集まりください。

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺