新潟市歴史博物館
2013年度 企画展

報じられなかった写真
−昭和30年代  写真家・小林新一の820カット

毒消し売りの娘たち

大和デパート前を歩く毒消し売りの娘たち(ネガフィルム、1958年頃、新潟市)

| TOP |  開催趣旨 |  開催情報 |  関連イベント情報 |

開催趣旨

2012年1月に他界した新潟市在住の写真家、小林新一(1917−2012)は、良寛ゆかりの地をテーマにした象徴的な風景写真で市内外に知られましたが、写真家としての彼の出発点は報道写真でした。
小林は、リアリズム写真全盛の昭和20年代後半に、雑誌の月例コンクールで頭角をあらわしました。プロに転じてのちは新潟県内外を幅広く取材し、『中央公論』『アサヒグラフ』などで地方の話題を相次いで報じてきました。特にアマチュア時代を含む昭和30年代は、新潟市が大火、地盤沈下、地震といった大きな災害を経験した時代であり、ここから小林は報道写真家としての方法論を確立していきました。それは、事件の表層的な映像を追うことではなく、人々のささやかな日常の変化を前景化させる取材でした。この姿勢は生涯を通じて小林のフォト・エッセイを貫く基本的なスタイルになっています。
この時代に小林の気力が充実していたことは、消費されたフィルムの多さにも現れています。しかし、実際に記事に組まれて報じられたのはわずか数点であり、使われなかった膨大なカットが半世紀にわたって作家の手元に残されてきました。このロールフィルムの「行間」を注意深く観察すると、一枚の作品写真では見えてこない現場の動き―すなわち写真家と被写体のやりとり、場所の移動、休息、ハプニング、ときには写真家の迷いなど、さまざまな発見に出会うことができます。
通常、未公開映像のフィルムは、作家没後は永遠に作品化されることはありません。しかし、時代の刻みを物理的にとどめるフィルムは、作品とは別の、歴史資料としての価値と可能性を含んでいます。本展覧会は、著作権継承者の多大なご理解とご協力を得て、この小林新一の昭和30年代のネガフィルムを再評価しようという試みです。

開催情報

【会       期】2013(平成25)年4月27日(土)〜6月9日(日)

【休  館  日】毎週月曜日(ただし、4月29日は開館)、5月7日(火)

【開館時間】午前9時30分〜午後6時

【会       場】企画展示室(新潟市歴史博物館  本館1階)

【観  覧  料】

区分 当日券(個人) 当日券(団体)
一般 500円 400円
大学生・高校生 300円 240円
中学生・小学生 200円 160円

※中学生・小学生は土日祝日無料

※常設展示もあわせてご覧になれます。

関連イベント情報

申し込みの必要なものは
往復はがきに、氏名・住所・連絡先電話番号・参加希望イベント名を明記し、
下記博物館問合せ先までお申し込みください。
応募者多数の場合は抽選いたします。結果は申し込み締め切り後にお知らせします。

展示解説会

当館学芸員による展示解説を行います。

【日時】毎週土曜日、午後2時から開催(45分程度)
◆4月27日(土)のゲスト 写真家:上山益男さん
◆6月8日(土)のゲスト 元テレビディレクター:大澤健一さん
■事前申込不要(当日の観覧券が必要です。)時間までに企画展示室にお集まりください。

講座

「小林新一の軌跡 〜チョンマゲからバイオテクノロジーまで〜」

【日時】4月28日(日)    午後1時30分〜3時
【会場】本館2階セミナー室
【講師】木村一貫    (当館学芸員)
【定員】先着80名
【参加費】無料
【申込】不要です。当日会場にお集まりください。

シンポジウム「小林新一と良寛」

【共催】全国良寛会
【日時】5月5日(日)    午後1時30分〜3時
【会場】本館2階ミュージアムシアター
【司会】長谷川義明(全国良寛会会長)
【パネラー】加藤僖一(新潟大学名誉教授)
            柳本雄司(株式会社考古堂書店会長)
            上山益男(写真家) 【定員】100名
【参加費】無料
【申込締切】4月21日(日)必着(応募者多数の場合は抽選)

セミナー

(1)「写真に学び写真を楽しむ」

【共催】新潟県写真家協会
【日時】6月2日(日)    午後1時30分〜3時
【場所】本館2階セミナー室
【講師】内山晟(新潟県写真家協会副会長) 【定員】先着80名
【参加費】無料
【申込】不要です。当日会場にお集まりください。

(2)「デジタル一眼レフカメラで作品創りを楽しもう!!」

【共催】株式会社新潟フジカラー
【日時】6月9日(日)    午後1時30分〜3時
【場所】本館2階セミナー室
【講師】糀沢善孝(写真家・フォトアドバイザー) 【定員】先着80名
【参加費】無料
【申込】不要です。当日会場にお集まりください。

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺