第6回 むかしのくらし展「マチとムラの消防」

会期終了いたしました。多数のご来館、ありがとうございました。

新潟市消防組春季臨時演習記念

        絵葉書「新潟市消防春季演習記念」 当館蔵

【開催期間】2009年11月21日(土)〜2010年1月31日(日) 

開催趣旨

人は火を使用することで、食材を焼いたり、煮炊きしたりして食を豊にしてきました。 また、暖をとる熱源や、暗闇を照らす灯りとしても火を利用してきました。このように 火は今も昔も人々の暮らしに欠くことができないものです。しかし、火は時に火災となって、 大切なざいさんだけでなく命まで奪う恐ろしい存在でもありました。新潟市域には多くの 火災発生の記録があり、市民は千軒以上の建物を焼失する大火もたびたび経験しています。
今回の企画展では、暮らしの中の火の利用とその脅威という視点で、江戸期から現代に至るまでの 新潟市の消防に関わる歴史を紹介します。火に関連する生活道具、火災現場で使用された 消防器具、大火の記録を伝える絵葉書や写真、消防組織の変遷を示す文書などの資料から、 生活の中で利用されてきた火がもたらす恐ろしい火災に対して、時になすすべもなく被災し、 時に立ち向かっていった人々の姿を想い起こしていただければと思います。
併せて、現在新潟市消防局に配備されている消防自動車の概要、隊員たちの日々の鍛錬や 活動の様子も写真やパネルで紹介します。

開催情報(観覧料・休館日など)

◆観覧料

観覧料
区分 当日券(個人) 当日券(団体)
一般 500円 400円
大学生・高校生 300円 240円
小中高生 200円 160円

        ※中学生・小学生は土日祝日無料

        ※常設展示もあわせてご覧になれます。

◆休館日

開催期間中の休館日
11月 24日(火)、30日(月)
12月 7日(月)、14日(月)、21日(月)、24日(木)
28日(月)〜31日(木)
1月 1日(金)〜4日(月)、12日(火)、18日(月)、25日(月)

◆主催

新潟市歴史博物館

関連イベント

■たいけんプログラム    「腕用ポンプを動かしてみよう」

【日時】11月29日(日)午後2時〜3時30分
【内容】 昔、火事の消火に活躍した腕用ポンプを使ってみましょう。どうやって水を噴射するんだろう?
【参加費】無料
【申込】不要。当日、博物館へ
【その他】雨天時はお問い合わせください。

■たいけんプログラム    「緊急出動!キミも消防隊員だ!」

【日時】1月9日(土)・10日(日)午後2時〜3時30分
【内容】すばやく子供用消防服に着替えて、炎に見立てた標的を倒します。
【参加費】無料
【申込】不要。当日、博物館へ

◆たいけんプログラム開催時には、消防車も敷地に登場します。
子供用の消防服に着替えて消防自動車といっしょに記念撮影もできますよ!

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

◆駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺