新潟市・ハルビン市友好都市提携30周年記念
哈爾濱金代文化展
-12世紀の中国、北方の民族が建国する-

会期終了いたしました。多数のご来館、ありがとうございました。

金源神龍のモニュメント

【開催期間】2009年9月12日(土)〜2009年11月8日(日) 

開催趣旨

 ハルビン市阿城区は、かつて中国の北部を支配した金王朝の都が置かれた地です。
 女真族の族長で初代皇帝の完顔阿骨打が1115年に金を建国してから、4代皇帝の完顔亮(海陵王)が1153年に現在の北京に都を遷すまで、ここが金の政治・軍事・経済・文化の中心でした。
 ハルビン市内の遺跡から発見された、こうした金代の歴史を伝える資料は、ハルビン市金上京歴史博物館に所蔵され一般に公開されています。

 2009年に新潟市とハルビン市は友好都市提携30周年を迎えます。これを機に、ハルビン市金上京歴史博物館の所蔵品92点が初めて日本に渡り、新潟市歴史博物館限定で公開されます。
 新潟市とハルビン市の交流から実現した本展覧会によって、これまで日本で紹介される機会が少なかった中国金王朝の歴史をひもときます。

開催情報(観覧料・休館日・主催・後援・協力など)

◆観覧料

観覧料
区分 前売券 当日券(個人) 当日券(団体)
一般 560円 700円 560円
大学生・高校生 400円 500円 400円
小中高生 240円 300円 240円

        ※中学生・小学生は土日祝日無料

        ※常設展示もあわせてご覧になれます。

◆休館日

開催期間中の休館日
9月 14日(月)、24日(木)、28日(月)
10月 5日(月)、9日(金)、13日(火)、19日(月)、26日(月)
11月 2日(月)、4日(水)

◆主催

新潟市、ハルビン市、新潟市歴史博物館、哈爾濱市金上京歴史博物館

◆協賛

新潟日報社、NST新潟総合テレビ

◆後援

中国大使館、新潟県教育委員会、新潟市教育委員会、NPO法人新潟県日中友好協会、
新潟・哈爾濱友好市民の会、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、
日本経済新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK新潟放送局、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、
FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津

◆協力

中国南方航空新潟支店、日本通運株式会社新潟支店、新潟大学超域研究機構、
ぽるとカーブドッチ、新潟伊勢丹

展示構成

●ハルビンの地に金が建つ!

●政治・文化の中心となった金の都“金上京”

●金を建国した女真族とは?

●特集展示:金代研究の先駆者“三上次男”とそのコレクション

●友好都市ハルビンと金上京歴史博物館

関連イベント

■ギャラリートーク

【日時】毎週日曜日    午後2時より
【場所】企画展示室
【参加費】参加費は無料(別途企画展観覧券が必要になります)
【申込】不要

■中国の歴史・文化体験

【内容】中国の遊びや古代の鏡づくりなど、いろいろチャレンジして中国の文化に親しもう!
【日時】9月19日(土)・20日(日)午前10時〜午後4時

タイムスケジュール
タイトル 内容 時間 場所・その他
中国のあそびに
ちょうせん
中国ゴマ・羽根けり・おはじき・中国将棋などをたいけんしてみよう 19日・20日
10:00〜16:00
たいけんのひろば
切り紙のしおりを
つくろう
伝統的な中国のもようの切り紙でしおりをつくってみよう 19日・20日
10:00〜12:00
たいけんのひろば
ミニチュア鏡を
つくろう
金の時代にたくさんつくられた鏡にならって、ちいさな鏡をつくります。 19日・20日
14:00〜
たいけんのひろば
定員:各日30人
材料費:500円
二胡の調べ 二胡の演奏をきいてみよう。おなじみの曲もちがったふうにきこえるかも。 19日
13:30〜
エントランスホール
太極拳演武 演武を見たあとは、いっしょに太極拳をやってみましょう。 簡単な型を教えてもらいます。 20日
13:30〜、15:00〜(2回)
エントランスホール

【場所】みなとぴあ エントランスホール・たいけんのひろば
【参加費】一部材料費のかかるものがあります。
【申込】不要。直接当館にお越しください。

■講演会「北東アジアの諸民族と日本の交流」

【講師】菊池俊彦氏(北海道大学名誉教授)
【内容】金朝を建てた女真(じょしん)の人たちとその祖先の靺鞨(まっかつ)は、アムール河(黒龍江)まで領域としていました。北海道の遺跡から、これらの人たちと交流があったことを示す遺物が見つかっています。それはどのような交流だったのでしょうか。その姿に迫ります。
【日時】9月23日(水・祝)午後1時半〜4時
【場所】クロスパルにいがた
【定員】150人
【申込】9月10日(木)締切(必着)
        ※お申込み多数の場合、抽選とさせていただきます
【参加費】500円(資料代)

■記念シンポジウム「中国金の建国と女真族の社会」

主催:新潟市歴史博物館、新潟大学超域研究機構
【内容】中国・北東アジア史研究の専門家をお迎えし、多角的な視点から、これまで日本であまり語られていなかった中国金王朝や金を建国した女真族について、研究成果とその最前線をお話しいただきます。
【講師】基調講演「考古学から見た金代女真」臼杵勲氏(札幌学院大学人文学部教授)
           基調報告「金代の陶磁器は金朝の陶磁器か?」弓場紀知氏(京都橘大学文学部教授)
           「金代北東アジアの鉄器とその生産」村上恭通氏(愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センター長(教授))
           「金代東北アジアの銭貨流通について」三宅俊彦氏(専修大学文学部兼任講師)
【コーディネーター】白石典之氏(新潟大学超域研究機構教授)
【日時】10月11日(日)午後1時〜5時
【場所】万代市民会館 多目的ホール
【定員】200人
【申込】10月7日(水)締切(必着)
        ※お申込み多数の場合、抽選とさせていただきます
【参加費】500円(資料代)

■阿城金上京会寧府遺跡を訪ねる ハルビン3日間の旅

【出発日】10月30日(金)
・新潟空港発着(協力:中国南方航空)
・旅行企画実施:新潟交通くれよん万代 Tel:025-245-1116
・詳しくは新潟交通くれよん万代にお問い合わせください。

【関連イベント申し込み】

申し込みが必要なものは、電子メール・FAX・往復ハガキのいずれかにて
@氏名A住所B連絡先電話番号(FAX申し込みの方はFAX番号も)C参加希望イベント名    を明記して、
締切までに下記博物館までお申し込みください。締切後にご通知いたします。

問合せ・申込み先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

◆駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺