平成19年度  企画展  「西暦647年にいがた ―渟足柵の謎にせまる―」

渟足柵イメージ

■□■ Coming soon !! ■□■  2007年7月21日(土)〜9月2日(日) 

| TOP |  開催情報 |  展示構成と資料 |  関連企画 |  体験プログラム |

開催趣旨

『日本書紀』に記され、北方への守りと地域支配の拠点としてつくられた「渟足柵」は、新潟の古代史の最も高い関心事であると同時に、多くの謎を秘めています。
1990年に八幡林遺跡(長岡市・旧和島村)で発見された「沼垂城」と記された木簡は大きな衝撃を与え、渟足柵への注目を集めました。その後、各研究者による渟足柵をめぐる調査・研究も行われ、渟足柵を取り巻く状況が少しずつ見えてきました。
本企画展では、こうした研究成果を整理し、渟足柵にまつわる情報や柵がつくられた背景にひそむ歴史をわかりやすく伝えるとともに、関連する遺跡や出土資料を紹介します。
渟足柵への興味・関心が高まるほどに謎も深まります。これも渟足柵の魅力の1つかも知れません。

| TOP |  開催情報 |  展示構成と資料 |  関連企画 |  体験プログラム |

問合せ・申込み先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

◆駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■

アクセスマップ広域

■博物館周辺地図■

アクセスマップ博物館周辺