人間国宝・天田昭次  鉄と日本刀展

◆◆◆おかげさまで、盛況のうち終了しました。◆◆◆

  【開催期間】2005年3月5日(土)〜27日(日)  
刀匠天田昭次画像 鉄と日本刀 刀匠天田昭次画像

天田 昭次(あまた あきつぐ)は、現代越後の刀匠として平成9年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。 鎌倉期の名刀に魅せられて以来「古代の地鉄を再現し名刀をつくる」ことを目標としています。 居を構える豊浦(現新発田市豊浦)の粘土と、炭、湧き出る清水を用いて、自ら炉を築き、製鋼しています。 また、古代の製鉄遺跡を巡り、古代製鉄炉を再現して製鉄実験を行うなど研究も重ねています。 刀作りは妥協を許さず、様々な流派の作刀を試み、かつて三度も正宗賞を受賞しています。 今回の展覧会では彼の代表的な刀の作品を展示するとともに、鉄づくりへの情熱も紹介して、人間国宝・天田昭次の仕事の全貌を明らかにしてゆきます。

問合せ・申込み先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

◆駐車場有(乗用車60台、バス5台)

■広域地図■

アクセスマップ広域

■博物館周辺地図■

アクセスマップ博物館周辺