タイトルロゴ

| プロジェクトTOP | みなとぴあ歴史発見プロジェクトについて | 協賛企業 | 古文書演習 | 史楽講座 |

みなとぴあ歴史発見プロジェクトとは?

  みなとぴあでは、今年度も、みなとぴあ歴史発見プロジェクトに関わるさまざまな事業を行います。
みなとぴあ歴史発見プロジェクトはこどもからおとなまで幅広く、みなとまち新潟の歴史に親しみ、自ら歴史を発見する喜びを知ってもらい、まもなく開港150周年を迎える新潟の街をみんなで盛り上げていこう!という事業です。
2017年度は、こども歴史クラブ、中級古文書演習、史楽講座を開催します。また、特別展示「地図コレクション展」、「江戸の新潟」展もこのプロジェクトにより開催します。

詳しくはこちら>>こども歴史クラブ

詳しくはこちら>>中級古文書演習

詳しくはこちら>>史楽講座

ページTOPに戻る

協賛企業

みなとぴあ歴史発見プロジェクトは地域の企業各社のご協賛により実施しています。(2017年5月27日現在)

ロゴ

ページTOPに戻る



中級古文書演習

受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【内容】「字のくずしだけでなく、実際の古文書を読んでみたい。」
「古文書を呼んで歴史を調べてみたい。」「もう少し難しい古文書の解読をしたい。」
そんな方々にむけて、幕末の新潟町の文書をテキストに、古文書解読のノウハウをお伝えします。
ただし、宿題あり、予習・復習不可欠で開催する、ちょっと厳しい全15回の演習です。

【活動日】毎月第2・4水曜日(8月を除く) 午前10時〜12時
    ※9月・12月・1月は第2水曜日のみ

【場所】みなとぴあ 本館1階 セミナー室

【対象】15人

【受講料】10000円(初回に徴収いたします)

【申し込み方法】名前・学年・住所・電話番号を明記して、
「古文書講座中級編」と、メールか往復はがきでお申し込みください。
応募者多数の場合は抽選いたします。

【申し込み先】museum@nchm.jp

ページTOPに戻る

史楽講座

「新潟の和風建築と街並みの魅力を楽しむ」

古い和風建築物には日本人の暮らしとともに育まれた特質を有し、且つ健大の建物にはない情趣があります。
翻って現状に目を向けると、新潟市には火災で建物が焼失したり、時代の推移の中で取り壊されたりして、
古い和風建築物(町屋)の数が急速に減少し、歴史的景観ある街並みもその姿が消えつつあります。
今回の講座では、改めて和風建築や街並みを考える契機として、和風建築物(町屋・料亭・商人や地主の邸宅)における、 造り・材・庭園・街並みといった観点を通じて、古い和風建築物の魅力をご紹介します。

新潟の和風建築と街並みの魅力を楽しむ
日時 テーマ 講師
11月5日(日) 「在と町の和風建築」 平山育男氏
(長岡造形大学教授)
11月19日(日) 「材から見た和風建築の魅力」 小寺嘉信氏
12月3日(日) 「建物とともにある庭園の魅力
:庭屋一如」
藤井哲郎氏
(庭屋一如主宰)
12月17日(日) 「新潟の歴史的な街並みの魅力と
その保全」
松井大輔氏
(新潟大学工学部助教)

【場所】みなとぴあ 本館2階 セミナー室

【時間】各回とも午後2時から午後3時30分まで

【定員】80人

【受講料】全4回 1000円(初回に納入していただきます。)

【申し込み方法】名前・住所・電話番号と、 「史楽講座受講希望」と明記のうえ、
電子メールもしくは往復はがきでお申し込みください。
応募者多数の場合は抽選いたします。

【申し込み先】museum@nchm.jp

【締め切り】10月21日(土)必着

ページTOPに戻る

■ 問合せ先 ■

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■ 駐車場&アクセスマップ ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■

アクセスマップ広域

■博物館周辺地図■

アクセスマップ博物館周辺