古町PJ

七夕祭 古町 昭和33年

みんなの古町プロジェクト 参加者募集

  江戸時代、新潟は日本海側有数のみなとまちとして栄えました。
以来、古町は町民の楽しみの場、来訪者をもてなす場としてにぎわいました。新潟が県都になってからは、
その繁華街として専門店街として大衆消費の中心地となり、その役割は時代とともに変わってきました。
本事業では、古町地区の移り変わりと、時代を象徴する出来事やその時の街のにぎわいを考えます。
みなさんの思い出の中にある古町をいっしょに掘り起こしてみませんか。

キックオフ講演会

演題「古町の歩み〜その誕生と発展、役割の移り変わり〜」

     ワークショップ実施に先駆け、みなとまち新潟の街の機能やそれぞれの町の関係、
     近代になり変化した街の機能について、わかりやすく紹介する講演会です。
     ワークショップへの参加に関わらず、興味のある方はぜひご来場ください。

日時7月15日(月・祝)13:30〜15:30
      ※開場は午後1時から

会場クロスパルにいがた(新潟市生涯学習センター)(中央区礎町通3)

     4階 映像ホール

定員当日先着150名

参加費無料

申し込み不要です。当日会場にお越しください。
     ※ご来場の際は公共交通機関、もしくは最寄りの有料駐車場をご利用ください。
      駐車場はご用意していません。

ワークショップ  「昭和の古町を掘り起こしてみよう」

対象16歳以上(定員30人)(応募者多数の場合は抽選)

ワークショップ実施日とその内容
  ■ 8月3日(土)事業説明、作業内容の確認  ■ 9月7日(土)現地まちあるき@
  ■ 9月28日(土)現地まちあるきA      ■ 10月19日(土)とりまとめ作業@
  ■ 11月9日(土)とりまとめ作業A      ■ 11月30日(土)発表

会場新潟市歴史博物館みなとぴあ 本館2階セミナー室
   (現地まちあるきの詳細は参加ご案内の際にお知らせします。)

時間10:00〜12:00

参加費無料

申込方法メールか往復はがきで、件名に「古町ワークショップ」として、
      氏名・年齢・住所・電話番号を明記の上、下記博物館申込み先までお送りください。

参加していただくにあたって

開催について全6回のワークショップです。できるだけ全回にご参加ください。

そのほか9月7日・28日のまち歩きは暑さ対策をしてご参加ください。

本事業について

本事業は 平成31年度 文化庁 博物館を中核としたクラスター形成事業 の採択を受け実施します。

主催みなと新潟実行委員会

実行委員会構成団体新潟開港150周年記念事業実行委員会・新潟市中央区
           新潟中心商店街協同組合/新潟古町まちづくり株式会社
           新潟古町花街の会・路地連新潟

事務局新潟市歴史博物館

ページTOPに戻る

■ 問合せ・申込先 ■

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■ 駐車場&アクセスマップ ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■

アクセスマップ広域

■博物館周辺地図■

アクセスマップ博物館周辺