春の税関

文化庁平成22年度美術館・博物館活動基盤整備支援事業

「新潟島は宝島!?歴史的建造物の魅力再発見!」

| TOP |  事業内容 |  行事 | これまでの活動 | 

この事業について

この事業は文化庁「平成22年度美術館・博物館活動基盤整備支援事業」採択事業です。
新潟市の前身である旧新潟町は、江戸時代には湊町として繁栄し、その後も古町地区を中心に新潟市の中心市街地として発展してきました。しかし近年、市街地を取り巻く環境が変化し、人口の減少と商業の衰退などによってかつてのにぎわいをなくしています。
湊町として繁栄し、新潟県内でも明治以降の近代化の先駆となったこの地域は、現在、新潟島と呼ばれ、歴史や文化を物語る建造物が数多く点在し、その中には一般に公開され、観光や教育施設として再利用されているものもあります。この事業では、地域の文化遺産として現存する歴史的建造物が、広く市民に認知されることを目指します。
そのために、新潟島を対象エリアとし、そこに現存する歴史的建造物について、市民自らが実見・調査を行い、 その成果を他の市民に報告する、という一連の作業を行い、その活動を通じて作業に参加した市民とその成果を享受した市民が、その価値や魅力を再認識し、理解を深めることを目的とします。

事業内容

ステージ1:全体会議

関係機関やその支援団体のメンバーなどがあつまり、事業についての共通理解を図ります。

ステージ2:講演会

地域に残る歴史的建造物について、専門家による講演会を開催し、その理解を深め、現地実見や調査の参考とします。また、広く市民に参加を呼びかけ、この事業の趣旨を知ってもらうとともに、活動への参加者を広く募集します。

ステージ3:実見および調査とまとめ

対象地域をいくつかのエリアに分け、エリアごとに調査グループを編成し、地域の名所となる歴史的建造物を実見・調査し、建物の歴史性・見どころなど、その魅力についてまとめます。

ステージ4:成果の報告

調査の成果をポスターセッションにまとめ、関係館で展示します。また、活動成果を広く市民に伝えるために報告会を開催します。

ステージ5:報告書の作成

一連の活動と調査結果を報告書としてまとめ、歴史的建造物の見どころや価値を地域の内外に伝えるための手引書としての活用を図ります。

行事

ステージ2:講演会

専門家を講師に、新潟島と呼ばれる新潟市中心市街地における歴史的建造物の現存状況や特徴を確認し、その理解を深めます。また、歴史的建造物がまちづくりにとってどのような効果をもたらすのか、その可能性を考えます。

講師・演題

平山育男氏(新潟市文化財保護審議委員、長岡造形大学建築・環境デザイン学科教授)
「新潟島に残る歴史的建造物の現況」(仮)
岡崎篤行氏(新潟大学工学部建設学科准教授
「歴史的建造物を活かしたまちづくり」(仮)

日時

7月31日(土)午後1時30分〜4時

会場

クロスパルにいがた(新潟市生涯学習センター) 4階映像ホール

定員

150名
※応募者多数の場合は抽選いたします。

参加費

無料

※申込は、往復ハガキ又は電子メール、ファクスで、氏名・住所・連絡先電話番号・「歴史的建造物講演会」を明記し、新潟市歴史博物館まで。

 申込締切:7月23日(金)必着

ステージ3:建物現地見学会

申込みは終了しています

見学コースごとに、徒歩で各施設を巡り、専門家による概説を受け、各自の視点で施設見学し、見 どころや伝えたいポイントなどをまとめます。

見学コースと開催日

【1:下町地区】8月28日(土)
旧新潟税関庁舎→旧第四銀行住吉町支店→石山味噌醤油(株)蔵→旧小澤家住宅
【2:西大畑地区】9月4日(土)
旧日本銀行新潟支店長役宅(砂丘館)→新潟市長公舎(安吾・風の館)→旧斉藤家夏の別邸→
北方文化博物館新潟分館
【3:白山地区】9月25日(土)
新潟県議会旧議事堂(県政記念館)→燕喜館→新津記念館→新潟大学旭町学術資料展示館(あさひ まち展示館)

ステージ4:成果の報告

「新潟島は宝島!?」事業報告会

これまでの事業を振り返り、建物現地見学会などに参加された市民の皆さんの 視点から歴史的建造物の魅力やその見方などを報告し、さらに多くの市民の皆さんに その魅力を伝えることを目的としています。
【日時】2011年1月15日(土) 午後1時〜4時
【会場】クロスパルにいがた(新潟市生涯学習センター)4階映像ホール
【内容】
〈基調講演〉
山崎完一氏(元新潟市文化財保護審議委員)
〈報告〉
歴史的建造物現地建物見学会の参加者が、下町地区・西大畑地区・白山地区の各コースに 現存する歴史的建造物の特徴や見どころなどを報告します。
〈講評〉
【定員】150名
【申し込み】往復はがき・FAX・電子メールにて、
氏名・住所・連絡先電話番号(FAXで申し込む人は返信用FAX番号も)と宝島報告会と明記の上 博物館まで。
1月7日(金)必着

「新潟島は宝島!?」ポスター展示

建物現地見学会での成果をまとめたポスター展示を行います。
会場・開催期間は下記のとおりです。多くの方のご来場をお待ちしております。

ポスター展示会場と開催期間
開催期間 下町エリアのポスター展示会場 西大畑エリアのポスター展示会場 白山エリアのポスター展示会場
1月15日(土)〜
23日(日)
みなとぴあ
2月1日(火)〜
13日(日)
旧新潟税関庁舎 砂丘館(旧日本銀行新潟支店長役宅) 県政記念館
3月5日(土)〜
13日(日)
旧新潟税関庁舎 北方文化博物館新潟分館  ※ あさひまち展示館
3月17日(木)〜
22日(火)
ふれ愛古町 イベントスペース(旧大和1階)
3月23日(水)〜
4月4日(月)
NEXT21 1階アトリウム

※ 期間中、北方文化博物館新潟分館にて、宝島パネル展示を見る旨を入館時にお申し出いただくと、団体料金に割引のサービスがあります。ぜひ、ご来場ください。

これまでの活動

「新潟島は宝島!?」活動記録
開催日 タイトル 内容
3月1日(火) 報告書完成 これまでの活動の成果をまとめた報告書が完成しました。A5版のもので、まちあるきの際にも持ち歩きしやすい大きさです。希望者に無料で頒布しています。ご希望の方は本館1階総合案内にお申し出ください。
1月15日(土) パネル展示 歴史的建造物の魅力を紹介するパネル展示がみなとぴあエントランスで始まりました。
詳しくはこちら
1月15日(土) 報告会 これまでまとめてきた歴史的建造物の魅力、見どころについて、見学会に参加した市民の代表が発表しました。
詳しくはこちら
1月8日(土) 第3回代表者会議 報告会、パネル展示の最終打ち合わせを行いました。
12月18日(土) 第2回代表者会議 パネル展示の内容について打ち合わせを行いました。
12月2日(木) 第1回代表者会議 報告会、パネル展示に向けてこれまでの成果をどのように発表するかについて話し合いました。
詳しくはこちら
10月16日(土) ワークショップ 現地見学会での成果を取りまとめるための方向性について話し合う機会を持ちました。
詳しくはこちら
10月2日(土) 第3回全体会議 これまでに開催した事業の振り返りと、見学を通して集めたデータのまとめ方について話しました。
詳しくはこちら
9月25日(土) 建物現地見学会その3 白山・旭町エリアの4施設の見学、フォーマットの記入を行いました。
詳しくはこちら
9月4日(土) 建物現地見学会その2 西大畑エリアの4施設の見学、フォーマットの記入を行いました。
詳しくはこちら
8月28日(土) 建物現地見学会その1 下町エリアの3施設の見学、フォーマットの記入を行いました。
詳しくはこちら
8月7日(土) 第2回全体会議 今後開催される建物現地見学会に向けて、事前学習会を兼ねた会議を開催しました。
詳しくはこちら
7月31日(土) 講演会 専門家を迎えて、新潟の歴史的建造物の特徴や、町並みとまちづくりについての講演会を開催しました。
詳しくはこちら
6月23日(水) 第1回全体会議 関係機関や関係団体の皆さんと事業内容についての共通理解を図るための会議を開催しました。
詳しくはこちら

問合せ先

みなとぴあ    新潟市歴史博物館

郵便番号951‐8013    新潟県新潟市中央区柳島町2-10
EMAIL: museum@nchm.jp     電話025−225−6111    FAX 025−225−6130

■駐車場&アクセスマップ■

駐車場有(乗用車73台、バス5台)

■広域地図■
アクセスマップ広域
■博物館周辺地図■
アクセスマップ博物館周辺