水と土の芸術祭(仮称)作品制作ワークショップ 記憶のミナト。参加者募集!

 水と土の芸術祭(仮称)参加作家 酒百 宏一氏による「Niigata 水の記憶プロジェクト」。 新潟の水の記憶をアートで市民がかたちにする制作ワークショップをみなとぴあを会場にして開催します。
水と土の芸術祭(仮称)のアート制作に参加してみませんか。

イベント内容

にいがたの水にまつわる民具などをそれぞれの”水色”で、フロッタージュというやり方で紙に写します。

会場

みなとぴあ 新潟市歴史博物館1階 たいけんのひろば

参加申込み

事前申込み不要。当日直接会場へ、入場は無料です。

開催日時

時間は10:00-11:30、13:00-14:30 ※3月7日は10:00の回のみ。

★印の日は芸術祭参加作家 酒百氏が参加!

月日 曜日 時間
2008年 ★12月13日 (土) 10:00-11:30
13:00-14:30
12月20日 (土) 10:00-11:30
13:00-14:30
2009年 ★1月12日 (月・祝) 10:00-11:30
13:00-14:30
1月31日 (土) 10:00-11:30
13:00-14:30
★2月11日 (水・祝) 10:00-11:30
13:00-14:30
2月22日 (日) 10:00-11:30
13:00-14:30
★3月7日 (土) 10:00-11:30
3月20日 (金・祝) 10:00-11:30
13:00-14:30

主催

水と土の芸術祭(仮称)実行委員会、新潟市歴史博物館、新潟市新津美術館

協賛

ホルベイン工業株式会社

tower

フロッタージュ作品

tour

フロッタージュしている様子

tower

作家酒百氏による説明

tower

作家酒百氏による実演

「Niigata 水の記憶プロジェクト」は市内各所でワークショップを通して作品をつくっていきます。
「記憶のミナト。」とはこのプロジェクトのワークショップを連続して同じ場所で行う拠点のことをいいます。

酒百 宏一氏 profile

1968 石川県金沢市生まれ
1995 東京藝術大学大学院美術研究科修了

主に作品の素材を人の営む場に求め、色鉛筆を使って、直に紙に写しとる手法で活動している。
近年は各地におけるアートイベントに参加。プロジェクトとして作品を展開させている。
越後妻有アートトリエンナーレ2006に参加。作品『LIFE works+みどりの部屋プロジェクト』を継続中。

問合せ

水と土の芸術祭(仮称)  実行委員会事務局
(新潟市シティプロモーション推進課内)
【Tel】025-226-2103  【Fax】025-224-3850
【Email】promo@city.niigata.lg.jp